嘘だろ!

え~~~っ!

こんなに目に見えて生えてこなくなるの!?

 

私は中学生のころから、ムダ毛に悩まされてきました。

胸毛は生えていないのですが、全体的に体毛は濃いんですよね。

 

髭、すね毛、もも毛、チン毛、けつ毛、指毛、乳毛、腕毛、ギャランドゥ。

その全てが濃くて、濃くて困っていました。

徐々に髭の伸びるスピードが早くなって、毎日髭そりで処理するようになったんですよね。

 

つるつるの友達を見ると羨ましくて、自分の毛深さが気持ち悪いと思うようになったんです。

でも、その時は高校生でネットなんてなかったので、どうすることもできませんでした。

 

ムダ毛処理を怠ったまま私も結婚したのですが、子供とプールや海に行くようになり、自分のムダ毛がひどいということを、あらためて実感することになったんです。

これはやばいと思いました。

そして、ネットで情報収集をして、処理をすることを決意したんです。

 

私が試した方法

ドラッグストアで購入できるアイテムを、色々と試しました。

 

まず行ったのが、T字カミソリで剃ることです。

普通は生えていない部位は、剃ってしまおうという考えです。

指毛や甲の毛がそれにあたりますね。

でも毛穴が目立ってしまって、微妙な感じでしたね(笑)

 

その後、生えていないのが普通な部位は抜いてしまおうと思い、毛抜きで処理しました。

手の指は痛くは無かったのですが、足の指や甲は痛くて、髭に関しては激痛でしたね。

 

いや、頑張ったんですよ。

髭も10本くらいは抜いたんですよ(笑)

でも、まるでペンチで拷問を受けているかのような気分に。

 

薄くしてしまおうと脱色もチャレンジしました。

薄くすると確かに目立たなくなるのですが、伸びてきた部分が黒くてプリン状に…。

そして、フワッと茶色い毛は、キラキラ光って目立つんですよ。

脱色しているのがバレバレ。

 

次に行ったのが除毛。

この方法はなかなか良かったのですが、結局また生えてくるんですよね。

剃るよりは綺麗になりますが、結局生えてきます。

するとまた処理をしなくてはいけませんよね。

 

その手間が大丈夫であれば良いのですが、私は基本的に面倒くさがりなので、何度か繰り返すうちに疲れてきたんです。

 

そんな自己処理の中で、あれ、これは良いぞと思ったのが抑毛でした。

抑毛とは、ムダ毛が生えるスピードが遅くなって、徐々に薄く細く弱くなるという処理方法です。

早速、ネットで抑毛剤をチェック!

 

抑毛剤をチェックすると、NULLアフターシェーブローションという商品が、楽天とyahooショッピングで1位を獲得しているということが分かりました。

値段は4,980円。

高い買い物になるので、効果がなかったらどうしようと不安を抱えながら、NULLアフターシェーブローションのサイトを見ていると、初回購入に限り返品保証が付いているじゃないですか!

即、購入しましたね(笑)

 

結構いい感じになったんですよ。

 

 

でも、それを維持するために、毎月4,980円は厳しいかなという思いが出てきたんですよね。

 

年間6万。

痛すぎる…。

 

出費もなんですが、人というのは段々と欲が出る生き物で、指や甲の毛、髭に関しては無くなってほしいという気持ちが出てきたんです。

太ももやすねなどは、ある程度薄く細くなればそれがベターですが、指や甲の毛、髭は無くなってほしいという気持ちが…。

抑毛でかなり満足していたのですが、毛が生えてこなくなるということはありません。

ですから、根本的な解決法を模索しました。

 

脱毛という方法に出会う

そこで私はまた、ネットで無駄毛の処理について検索してみることに。

根本的に毛を無くすには、脱毛という方法が一番ではないかと結論付けました。

最近は男性も脱毛をするというのがあるみたいで、詳しく調べることにしだんです。

 

医療レーザー脱毛を受けれるクリニックや、光(フラッシュ)脱毛を受けれるエステサロンというのがある事が分かりました。

メリットとデメリットを考えました。

メリット

  • プロにしてもらえる
  • お得なキャンペーンで安くしてもらえる場合がある
  • ムダ毛が生えてこなくなる

 

デメリット

  • 予約が取りづらい、予約をすっぽかすと予約を取り直し
  • 店舗に通う必要があるので億劫
  • 施術する人に見られるから恥ずかしい
  • 入るところを見られたら恥ずかしい
  • 部位によっては思っているよりも高い
  • 自己処理があまいと、別料金がかかる
  • 消毒はするだろうけど人が使ったのの使いまわし

 

ちょっと敷居が高いなと思い諦めていると、家庭用脱毛器なるものがあることが分かったんです。

怪しそうだと思いながら家庭用脱毛器を調べていると、かなりの確率で「ケノン」という商品が出てきたんでちょっとびっくり。

 

他にも、トリアや、エピナードや、レイボーテなどがありましたが、圧倒的にケノンのレビューなどが多いんです。

多数派の私は、家庭用脱毛器を購入するのであればケノンかなと思ったんですよね。

 

余談ですが、yahooニュースの広告にもケノンが出てきます。

 

ケノンを調べてみると、かなりいい商品だということを痛感しました。

日本の3大ネット通販と言っても過言ではない、楽天、yahooショッピング、amazonのどこでも、高い点数を獲得しています。
日本最大級の口コミサイト、@コスメでも7pt満点中、5.6ptという、高いポイントを獲得しています。

 

このような商品(ムダ毛処理系の商品)は、評判の高いサイトと低いサイトが存在するというサクラみたいな商品が結構多いのですが、ケノンは違ってたんですよね。

 

さらに調べると、とにかく売れているということが分かりました。

楽天では家電商品の中で、231週もの間、連続で1位を獲得。
yahooショッピングでは、100週もの間、連続で1位を獲得。

 

人気雑誌に掲載されているのも魅力でしたね。

 

これは気になる。

とにかく調べました。

 

まず、口コミが高すぎるんで、販売店がいじってるんじゃないかと怪しんだんです。

でも、販売店がいじることはできないというのが答えです。

これは絶対だと、楽天、yahooショッピングの運営者さんも言ってますし、楽天やyahooも言っています。

 

ただ、腹いせだったり、あまりにも罵詈雑言だったり、レビューじゃなくて嫌がらせだったりするような場合には、楽天やyahooショッピング側が、抵触するという理由で削除されるようです。

 

電話で確認もしました。

 

脱毛器には強さを表すジュール数というのがあります。

高いほど効果が当然ありますが、痛みを伴います。

 

ケノンは52。

医療レーザー脱毛のダイオードだと60。

最先端のエステサロンの脱毛器も60。

 

この数値を見る限り、かなりのパワーで照射が可能だということが分かりますよね。

でもパワーが強いと、ものすごく痛いのではという疑問がわくわけです。

 

しかし、こんな感じで説明されたんです。

熱いものって一瞬だけ触っても、あまり熱くないじゃないですよね。

長く触っていると、熱く感じできますよね。

それと同じで、照射は一瞬だからあまり痛くは感じないという。

 

ちょっと納得ですよね。

あくまでも個人差があるので、自分の肌に合わせて、気を付けて使う必要があるとのことです。

最初は低いモジュールからってことですね。

 

最大のネックが値段

こんなに素晴らしい商品ですから、購入したい欲望に駆られるわけです。

が、値段は約7万円と高め。

7千円なら即買いしているんですが(笑)

 

でも、ムダ毛の自己処理をしなくなるし、つるすべボディを手に入れられるのならという気持ちがありました。

それに、もしも合わない場合でも、オークションで売ればいいかなと思ったんですよね。

相場が3万~4万ですから、結構いい値ですよね。

 

独身ならこの時点で買っていると思うのですが、私は既婚者。

妻に相談しなくちゃいけないわけですよ。

こんなに高いものを、私個人の判断で購入できない訳です。

 

我が家の財務省をどのように説き伏せようか…。

巨大な壁にぶち当たったのです。
でも、いつまでもうだうだ考えていても仕方がありません。

 

満を期して相談。

すると「私も気になってたのよ」と一言。

「えぇぇぇぇ!」って感じでした(笑)

 

妻は、私が調べているということは知らないわけですよね。

だから、私に相談しても「怪しいから買わないほうが良い。そんな口コミはサクラに決まってる」と一蹴されると思っていたそうなんです。

確かに一理あるなって思いました(笑)

 

きっと自分がケノンに興味を持っていなければ、相談されても、特に調べもせずにそう言ってただろうと思います(汗)

二人の気持ちが同じなら、買ってみようかって話になったわけですね。

 

ケノンが届く

ケノンの口コミをする男

数日後、届いたケノンを早速使ってみました。ケノン本体の色はなぜか妻が選びました。

 

照射部分は大きすぎず、小さすぎずで顎にも十分使用できそうです。

パッと見ると、近未来の武器のようで少しビビる。

 

説明書をよく読んでみる。

ケノンの照射

 

怖かったので、脚に当てずにそのままカラ打ちしてみました。

ピッピッピッという音の後に強い光が出ました。

こんなに強い光だとは予想しなかったので、ビックリしましたね。

 

光を直接見てしまったので、目が太陽を直接見たような感じに。

 

思い切って顔に照射してみることに。

 

さっきの強い光とは裏腹に、ピリッとした感じはするものの、強い痛みはありませんでした。

とても強い光だったので、もっと痛みを感じるんじゃないかと思ってたのですが「あれ?」って感じでしたね。

ちなみにレベル5です。

 

照射レベルは1~10まであります。

慣れてくると、10で余裕ですね。

説明書に書いてあったので、2週間に一回の照射で使いました。

6ヶ月使って思うことは、毛の伸びてくる本数とスピードが遅くなってきてるなってことですね。

 

まだまだ、全然満足のいく結果になってはいませんし、脱毛するためにつるつるにしとかないといけないのは、ちょっと厳しいですね。

夏もすねがツルツルなので、長パンツが主になっています(笑)

 

ケノンを実際に使ってみてのデメリット

①手の届かない場所は自分以外の人に頼まないと照射できない

背中とかできないこともないですが、かなり厳しいですね。

 

②2週間に一回照射するのを忘れることがある

自分の好きなタイミングでできるので、クリニックやエステに通う事を思えば忘れた時のトラブルは皆無に等しいと思いますが。

 

③効果が現れるまでに時間がかかる

威力は医療レーザーや光(フラッシュ)よりもやや劣るので、すぐに効果は出ません。

3回~5回目くらいの照射で、なんとなく感じてくるというレベルです。

 

ケノンを買って良かったって思う3つのこと

①なによりも、人に見られることなく脱毛ができるのが良い

ケノンの公式サイトに書いてありますが、ケノン購入者の43%が男性なんだそうです。

 

多分私と同じで、通うのが恥ずかしいのでしょうね。

それに、スタッフになんて思われてるか分かりませんし、裏で何か言われるかもしれませんし。

「脱毛する前に治すところあるだろ」とか陰口を叩かれてたら、ショックすぎますし。

 

除毛をしたときに思ったのですが、やっぱりつるつるのボディは見入ってしまいます。

「うわ~~」綺麗だなってなります(笑)

 

②全身が脱毛できるのがうれしい

例えばですが、腕を脱毛するとするじゃないですか?

そしたら、指も手の甲もしないと、おかしな毛の生え方になるんですよね(笑)

 

だって、肘から手の甲の間だけ毛がなくて、二の腕や手の甲や指にだけ毛が生えているのっておかしいじゃないですか?

医療レーザー脱毛やエステサロンでの脱毛だと、部位部位で料金がかかりますから、腕と手の甲と指の毛を3回脱毛するだけで、10万とかかかりますからね。

 

③爽やかなイメージになるのがうれしい

毛深いと、不潔なイメージや汚いイメージが付きまとうんですよね。

それが、ムダ毛を処理することによって爽やかなイメージに変化するんです。

そして、自分自信で見ても綺麗と思うから、自信にもつながります。

 

なんか、毎日が少しウキウキするんですよね。

「脱毛しただけなのに?」と思われるかもしれませんが、そうなるんですよね。

 

どうしても値段が高いので、ケノンを信じていかに購入する決断をできるのかだと思います。

でも、何をするにしても決断というのは付きまといますよね。

時には、思いきることも大事かなと思います。

 

⇒ケノンについてもっと知りたい時は、こちらの公式サイトを見てくださいね

 

体毛の少ない、すっきりとしたボディをあなたも手に入れてくださいね。