すね毛をバリカンで処理するメリットデメリット

すね毛(足の毛)をバリカンで処理する、メリットデメリットを紹介しますね。

最大のメリットは、アタッチメントを変えることにより、思い通りの長さにすね毛(足の毛)をカットできるということです。

 

私が利用しているバリカンの場合、12mm、9mm、6mm、3mmのアタッチメントが付いています。

それプラス、すくアタッチメントが付いています。

装着した感じは、このようになりますよ。

すね毛や足の毛をバリカンで処理

すね毛をバリカンですく

いちいち書く必要は無いと思いますが、髪をすくとアタッチメントに書いてありますが、髪をすね毛(足の毛)と、思ってくださいね(笑)

 

バリカンでカットすると、このような感じになります。

ちなみにこれは、すくアタッチメントで処理をしています。

 

一目瞭然ですよね。

向かって左が何もしていない毛。

向かって右が、処理をしている毛になります。

 

かなりすっきりしているのは、誰がどう見ても一目瞭然ですよね。

 

バリカンのメリットは、好きな長さですね毛(足の毛)を調整できることですね。

しかもそれが、簡単にできるという。

 

そして、そのパワーです。

シェーバー、グルーマー、トリマーと同じような処理方法をしますが、バリカンのパワーは圧倒的です。

本来、髪を処理するためのものですから、半端じゃないんですよ。

 

目詰まりすることなく、ガンガンすね毛をカットしてくれますよ!

 

ただ、注意点があります

それは、アタッチメントの使い方です。

 

すね毛を目立たないようにしたいと思って、最初から短いアタッチメントで処理はしないでほしいということですね。

短いアタッチメントで処理をすると、当然ですが、すね毛(足の毛)は短くなってしまいます。

 

短くなってしまった毛を、長くすることはできません。

頭を抱えるビジネスマン

 

ですから、まずは、何も考えずに、一番長いあたったメントか、少ししかすくことができないアタッチメントを使ってほしいと思います。

 

長めに処理されていれば、いくらでも修正が可能です。

でも、短くなってしまった毛は修正ができません。

 

バリカンの口コミの中でよくある残念な情報にちょっと疑問

ネットの口コミを見ると、バリカンですね毛(足の毛)を処理すると、チクチクしたりジョリジョリしたりするという情報があります。

 

しかしそれは、『処理の仕方が間違っているだけ』なんじゃないかなって思うんですよね。

 

先ほども書きましたが、すくアタッチメントや長めのアタッチメントで処理すれば、チクチクしたりジョリジョリしたりすることは無いです。

 

つるつるにしようと思って短いアタッチメントや、アタッチメントを付けない状態で処理をするとチクチクしてしまいます。

ですから、気を付けてくださいね。

 

すく目的ではなく、つるつるにする目的でバリカンを使うと、何もつけない状況で処理することになりますので、100%チクチク・じょりじょりしてしまいますよ。

 

何もつけない状況というのは、この状態で処理をすることです。

バリカンのメリットデメリット

 

先ほども説明しましたが、アタッチメントを付けるとこのような感じになります。

すね毛や足の毛をバリカンで処理

すね毛をバリカンですく

 

処理するとすね毛が濃くなる?

shutterstock_250826101

すね毛をいくらバリカンで処理しても、濃くなることや、太くなることはありません。

毛は切っても痛くないですよね?

毛は、死んでいるんです。

 

それを処理しても、当然ですが何の刺激にもならないので、すね毛に変化は訪れません。

 

すね毛をバリカンで処理することのデメリット

バリカンで処理するデメリット
別にバリカンだからというわけではありませんが、以下のようなデメリットがあります。

①毛はまた伸びてきてしまう

処理したとしても、数週間すれば元の状態に戻ってしまいます。

その都度、処理をしなくてはいけません。

ただ、処理をするのにそんなに時間はかからないので小さなデメリットと言えますね。

 

②カットしたら近距離からは目立つ

すくアタッチメントではなく、普通の長さ調節のアタッチメントだと、処理したあとは結構分かります。

なぜなら、全体を短くしているだけだからです。

ぱっつんの状態になりますので、短くて太い毛が、傍若無人に並ぶことになります。

 

③初期コストがかかります

バリカンは、安いものでも2,000円程度します。

1度購入してしまえば半永久的に使えますので、コスパ的に悪いとは思いませんが、すね毛にいきなり2,000円程度出すのは厳しいかも…。

 

④音がします

電気で動きますので、音がします。

この音をうるさいと思うか思わないかは個人差がありますが、私としては、全然気になる音ではないですね。

フィリップスのグルーマーのほうが、うるさいです。

 

まとめ

すね毛をバリカンで処理するメリットは多いです。

が、つるつるにしようとするとチクチクします。

3mm程度の長さに処理をしても、毛の腰が強くなりますので、チクチク・ジョリジョリする可能性が高くなりますので注意が必要ですね。

 

そして一番気を付けていただきたいのが、最初から短いアタッチメントで処理をしないということです。

できれば12mmから。

もしくは9mmから始めてください。

そして、自分好みの長さを見つけてくださいね。

 

私としては、毛が自然な仕上がりになる「すく」方法がベストな感じがします。

 

バリカン以外のすく処理法については、以下のページを参考にされていただければと思います。

 

⇒男はすく処理法が便利!とにかくメリットが多すぎる事実