ご訪問、ありがとうございます。

管理人のKOJI(こうじ)です。

 

私は、小学校高学年のころから、自分の毛深さが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

中学に入り、指毛を剃ったりすね毛を剃ったりした記憶があります。

しかし、すね毛はツルツルにあるととんでもないことになり、しばらくの間立ち直れなかったのを覚えています。(笑)

 

毛が薄い奴らを見ると、とてもうらやましく思ったのも覚えています。

彼女ができなかったのも覚えています(笑)

 

そして高校時代。

いや~~。

相変わらず、モテませんでしたね(笑)

びっくりするくらいモテませんでした。

 

告白しては断られを10回くらい繰り返した。

まさに、暗黒時代でしたね。

顔面偏差値が非常に低かったのと、髭も適当に処理して、髪もぼさぼさ、すね毛もボーボー、足の指毛は処理しているのがバレバレの状況だったからだと思います。

 

そして専門学校へ進学をして、美意識が芽生えはじめたんですよね。

「もっと早く芽生えとけよ」と思われるかもしれませんが、進学してから、自分ってダメだって気が付いたんです。

 

自分自身では、そんなに不潔なイメージって無かったんですよ。

中学時代と、高校時代は、確かにボサボサ、ボーボーだったけど、それが自分自身で不潔って感じじゃなかったんです。

 

美意識が芽生えた私は、髪型はもちろん、メガネをコンタクトに替え、服装にも気を使い、ムダ毛処理もほどほどするようになりました。

その結果、びっくりするくらい簡単に彼女ができることに。

 

これ何なんでしょうね。

顔面偏差値が低いのは同じなわけじゃないですか?

でも、なぜか本当に、びっくりするくらい簡単に彼女が出来たんですよ(笑)

 

その彼女とは、専門学校を卒業するときに分かれましたけどね。

 

そして現在。

キレイじゃないけどまぁまぁな妻と、私に似て残念な毛深さの子どもが2人。

顔も私に似て残念な子供2人…。

 

将来絶対に、ムダ毛と顔で苦労するだろうなと思ってます。

 

そんな娘とプールに行ったんですが、その時、自分がムダ毛処理を怠っていることに気が付いたんです。

周りの男性を見ると、ボーボーな人もいるにはいるのですが、なんか、全体的に小奇麗なんですよ。

 

なのに、私の足の指と甲の毛がボーボー。

乳首の周りにも、嫌な感じで毛が生えているんですよね。

 

毛深いあなたならわかると思いますが、ムダ毛って乾燥しているときよりも、濡れた時のほうが目立ちますよね。

だから、プールだとかなり目立ってきたないんです。

 

これはまずいと思った私は、色々なムダ毛処理を実践してみました。

その数々のデータや結果、そして私なりの観測をこのサイトでは書いています。

 

あなたのムダ毛対策に役立ち、あなたも毛深い呪縛から解放されればと思います。

jump

 

次に魅せボディを作るのは、あなたですね!