チン毛をカットする

チン毛をカットすると一定の長さになるので、皮と亀頭と間に毛が挟まってしまって、痛いという現象が起きません。

ボーボーで困っているときには、簡単にすぐできるカットでOK。

もう、チン毛が絡まって悩むということは無くなります。

 

ですが、カットの仕方を間違えると、チン毛がチクチクしてしまうというデメリットが生じてしまいます。

 

ですから、次のような方法で処理をされるのがベターではないでしょうか。

 

すきバサミでほどよくカット

 

これに尽きると思います。

 

なぜかというと、普通のハサミだと切ったところが角になりますし、毛先が整うのでチクチクしやすいんです。

剃るのは、それ以上にチクチクしやすいです。

 

しかし、すきバサミですくとチクチクしにくいんですよ!

なぜなら、長い毛と短い毛が混在するからです。

 

同じ長さの毛ばかりだと、平たんに処理されたそれぞれの毛が、衣類に引っかかってしまってチクチク感がでます。

しかし、すく方法は短くカットされた平たんな毛を、カットされていない毛が覆うような形になるので、チクチク感が出にくいんですよね。

 

すきバサミの使い方は簡単

すきバサミで陰毛(ちん毛)を切る

すきバサミの使い方はとても簡単です。

普通のハサミのように、チョキチョキするだけです。

 

気を付けてもらいたいのは、いきなり根元の部分からカットをし始めないことです。

なぜなら、毛は短くなればなるほど、チクチク感を誘発してしまうからなんです。

 

 

長いと、力に対して曲がりますよね。

しかし短いと、曲がりません。

すると、その刺激がダイレクトに肌に伝わり、刺激を増大させてしまうんです。

 

ですから、毛の半分くらいのところあたりからカットするのがいいですね。

そして、ある程度のボリュームになったら、そこからまた、半分くらいのところをほどよくカットする感じです。

 

自分が満足できるところまで整えたら、当然、そこで終わりにします。

納得するまで、ボリュームダウンしてくださいね。

そうすれば、二度と、チン毛が皮にと亀頭部に挟まって痛い思いをすることが無くなりますからね!

 

すきバサミは、こんな感じになっています。

すきバサミで陰毛を切る

刃がギザギザしたハサミです。

私は自己満野郎なので、ギャッツビーのすきバサミを買ったのですが、ダイソーなどの100均にも売ってあります。

 

ちなみに、ダイソーに売ってあったのを買ってみました。

どんな感じかを、確認したくなったんですよね。

100均のダイソーのすきばさみ

画像で見ると、ギャッツビーよりもちゃちな感じを受けるかもしれませんね。

 

実物もそうです(笑)

安っぽさを、かもし出しています。

 

が、切れ味は、そんなに変わりませんので、すきバサミでカットを試してみようと思われるのであれば、普通にダイソーのでOKだと私は思います。

 

安く購入できるものがあるのなら、少しでも安く変えたほうが良いですよね。

その余ったお金を他のところに回せば、あなたの男としての魅力は、さらに上昇するわけですから。

 

 

 

しかし、チン毛の野郎は腹立ちますよね!

たかが毛の分際で、宿主に苦痛を与えるとんでもない奴。

ササッと、成敗してやってください。

 

私も、サクッと成敗してやりましたから。

 

まとめ

チン毛はカットすることで、簡単にボリュームダウンができます。

すく道具は色々とありますが、すきバサミが一番使い勝手が良いかなと思います。

自分の好きなところで、自分の思うようにできるのがすきバサミの大きなメリットですね。