毛抜き 脱毛テープ(エピラット)でムダ毛を抜く

ムダ毛を抜く方法とはその名の通り、毛を毛根の部分から抜く方法です。
ムダ毛を抜く方法には、大きく4つあります。

①ピンセットなどの毛抜き

②脱毛テープ

③脱毛ワックス

④ソイエ

 

どの抜く方法にも共通するメリットデメリットは、次の通りになります。

メリット

  • 生えてくるまでに時間がかかる
  • 黒いぶつぶつが残らない
  • 遠目に見たら毛穴も見えないのでキレイ
  • チクチクしない

 

デメリット

  • 痛い
  • 埋もれ毛(埋没毛)ができる可能性がある
  • 鳥肌のようなぶつぶつになる可能性がある
  • 毛穴にダメージを与えてしまう

 

このような感じになるので、何もトラブルが無ければ、とても見た目が綺麗です。

普通の状態 毛を抜いた状態
男のムダ毛処理はカミソリ 毛抜きで抜いても生えてくる

 

では、4つの抜く方法の詳しい情報を書いていきますね。

 

毛抜きの詳細・メリット・デメリット

毛抜き

毛抜きは、価格差がとても激しく、100円~数千円の高級なものがあります。

「高いってどうなの?つかんで抜くだけだから一緒なんじゃないの?」と思うのですが、高級なのは抜いても痛くないという口コミがあったりします。

ちょっと気になるのですが、なかなか思い切ることができません(笑)

100均(ダイソー)ので、十分かなって思ってます(笑)

メリット

  • 安い
  • 持ち運びが便利
  • いつでも処理できる

 

デメリット

  • 処理に時間がかかる

 

脱毛テープと脱毛ワックスの詳細・メリット・デメリット

脱毛テープ(エピラット)でムダ毛を抜く

脱毛テープと脱毛ワックスは、勘違いしている人が多い処理法になるかなと思います。

抜いたら生えてこないと思っている人が、少なくないからです。

特に脱毛ワックスは、勘違いされている人が多いですね。

メリット
  • 広範囲の処理ができる
  • 貼って(塗って)剥がすだけなので簡単
  • 時間がかからない

 

デメリット

  • 思っているより抜けない
  • はがした後に、地味に痛みが強くなっていく
  • 抜けていないと、結局毛抜きで抜かなければならない
  • 長すぎると抜けにくいし、短すぎるとテープやワックスにくっつかないので処理できない
  • 毛穴だけじゃなく、肌へのダメージも深刻

ソイエ(電動毛抜き器)の詳細・メリット・デメリット

ソイエは、パナソニックが販売している商品です。

肌を滑らせていくだけで、ガンガン毛を抜いてくれます。

私は使用したことがないので何ともかけないのですが、楽天やamazonの評価は正直いい感じじゃないかなと思います。

 

ただ、ちょっとおかしな感じの評価があります。

それは、口コミの超大手サイト『@コスメ』の評価です。

 

これ見てもらっていいですか?

2016-07-04_20h46_10

1.0ptですよね?

誰がどう考えても、このページだけ見たら最低最悪の商品ですよね?

 

ところが、クチコミ26件をクリックしてみると…。

2016-07-04_20h48_25

高評価がずらずらと書かれています。

 

26件の平均を出すと、4.96ptになったんですよね。

なのに、なぜか1pt…。

なんでなんだろう。

意味が分かりません。

 

もしかして、生産終了しているからなのでしょうか?

そんな訳ないですよね。

 

4.9ptなのに1ptって理由は、なんなのでしょう。

ソイエで毛抜きは止めたほうが良いかも

メリット・デメリットについては、調べた限りでの情報なのですが、痛みさえ我慢できればかなり良さそうです。

が、埋没毛や色素沈着を起こす可能性は、毛抜きである以上は存在すると思います。

 

毛を抜く方法のまとめ

抜く方法は、毛が無くなるので見た目が綺麗になります。

しかし続けていると、埋没毛や色素沈着を起こす可能性があります。

綺麗になるどころか、肌が汚くなるという。

 

ただ、あなたが痛みに強くて肌が丈夫であれば、リスクは高いけど試してみる価値は高いと思います。

私は痛みに弱いので、断念しましたけど(汗)