足の甲の毛が痛い

足の甲の毛が痛い。

そうやって、悩まれているのではないでしょうか?

 

引っ張られたり、くっついたりして痛いのであれば、処理するに限ります。

というよりも、処理しないと改善されません(涙)

 

私は毛深い男ですので、足の甲の毛もボーボーです。

イソギンチャクのように、伸びまくっています。

足の甲の毛に、イソギンチャクの「イ」を使って、いっくんと名付けたいくらいです。

 

 

あれ・・・。

待てよ・・・。

 

いっくんって、芸能人にいたような…。

やばいですね。

訴えられるかもしれませんので、いっちゃんに変えます。

 

そんなくだらない話はどうでもいいですね。

 

私の足の甲の毛はこんなにひどい

cimg1569

いや~。

ひどいですね。

 

あまりにもアップ過ぎて、ちょっと分かりづらい気もします。

ですから、もう少し遠目で撮ってみました。

足の甲の毛が毛深い

やばいって思われますか?(笑)

これは、やっぱりやばいですよね。

 

こんなに伸び放題になっていると、クロックスなどのゴム系のサンダルを履くと、毛が引っ張られて痛いんですよね。

 

たまに、靴下に絡まって痛いときもあります。

あなたも、そんな苦労があるのだと思います。

 

それを回避するためには、無くすか生えにくくするしかないんですよね。

 

なくすための方法

なくすための処理法には、以下のような方法があります。

あなたが実践しやすい方法を、選択してくださいね。

 

4つの処理方法

①剃る

②抜く

③除毛

④脱毛

 

この中で根本的な解決になるのは、脱毛ですね。

それ以外の方法は、あくまでも一時的に毛をなくす方法になります。

 

脱毛は敷居が高いなと思う場合には、抜く方法を選択されると良いと思います。

なぜなら、毛が毛根から抜けるので、毛穴が目立たずに綺麗だからです。

 

 

ただ、抜くのって結構痛いんですよ(笑)

1本目よりも2本目、2本目よりも3本目と、痛みが蓄積されていきます。

 

例えば、マラソン。

徐々に疲れてきますよね。

 

最初の10mよりも100m。

100mよりも500mと、少しずつ疲れは蓄積されるじゃないですか?

 

 

同じように、痛みも蓄積されていきます。

時間をおいて抜けばOKですが、痛みが落ち着くまでには、少々時間を要します。

 

痛みは我慢できないという場合には、除毛がベストですね。

 

剃る方法よりも毛穴の奥の方から処理できますので、抜くよりも見た目はキレイではありませんが、剃る方法よりは、処理したあとが目立ちませんよ。

 

まとめ

足の甲の毛が気痛いときに使えるのは、医療レーザー脱毛やエステサロンの光(フラッシュ)脱毛。

敷居高いと思うのであれば、毛抜きでの脱毛が一番目立たない。

 

痛みが苦になるときには、除毛するとかなり目立たなくなりますよ。

 

ただし、除毛クリームは、商品によって差がかなりあります。

除毛力が抜群なのは、NULLリムーバークリームかなと思います。

 

NULLリムーバークリームの驚くべき能力については、こちらのページに詳しく書いていますので、参考にしていただければと思います。

⇒NULLリムーバークリームの効果や口コミについて

 

一番効果的な脱毛については、こちらのページに詳しく書いています。

⇒男の脱毛で根本的な解決になるのは3つしかないという事実